SEEKER ウエットスーツ

MAR オリジナルウエットスーツ HANDCRAFT WETSUIT SEEKER(探求者) は東北、牡鹿半島の極寒地 女川工場でテストされた
ウエットスーツの基本である耐久性と着心地を考え追及したコストパフォーマンに優れるウエットスーツです。

宮城県 石巻にあるウエットスーツ工場で長年修行し独立した技はウエットスーツの修理でさらに磨き上げられ
独自の製法でデザイン、パターンといったすべての工程を自社工場で行うハンドクラフトにこだわった工場です。
MARのウエットスーツ修理部門も全て手掛けています。

寒冷地ということもありドライスーツ、セミドライスーツが年間のほとんどの割合で使用するため
縫製においては熟練の職人が慎重に作業しています。

ORTIVE ドライスーツ
東北 牡鹿半島の極寒地でテストされたアクアシール採用のドライスーツ。一人でも着脱出来るORTIVEシリーズの防水機能と着脱性の
融合を叶えたコストパフォーマンス優れるドライスーツです。

ORTIVE セミドライ
柔らかな生地に連動するストレッチコイルジッパーを使用し開口部を広くすることにより着脱性を考えられたシステムです。
パドリング時にも負荷にならない位置に取り付けスムースな動きやすさを可能にした。
マテリアルには吸湿発熱・伸縮発熱・蓄熱発熱を併せ持つ最高級起毛素材 「エアフレイム」を使用。

ORITVE 3×2 mmフルスーツ
Wジャージ超伸縮素材「ネッスル」を使用。伸縮素材に連動するストレッチコイルジッパーを使用し開口部を広くすることにより着脱性を考えられたシステムです。パドリング時にも負荷にならない位置に取り付けスムースな動きやすさを可能にしました。

STAG 3×2 mmフルスーツ
STAGシリーズは Wジャージ超伸縮素材「ネッスル」を使用。従来のシンプルな着脱システムを採用したコストパフォーマンに優れるウエットスーツです。

【Shingo*420AR】
90年代よりマウントフッドサマーキャンプ、デンバー渡米、アラスカ、ニセコバックカントリー と世界を股に掛け滑る。
コンテストシーンにおいてブライアン・イグチを押さえ日本オープン予選5位通過10位入賞。VOLCOMとの日本人最高契約。
2000年代に始めたスノーボードブランド SOBUT ではオリジナルメンバーでありフリースタイルスノーボーダーとして
バックカントリーを視野に入れたムーブメントを起こす。
その後は初代スノーサーファーズチャンピオンとして活躍し Shingo*420ART とて3Sを高次元で融合させたART活動に励む。

SEEKERは Shingo*420ART ハンドペイントをオプションとして取り入れています。

MODEL 高橋信吾 Shingo*420ART

ORITVE KIDS
ORITVEシリーズ キッズは12歳まで通常料金から20%OFFとなります。
手足首のリムは身長に合わせて手足別 別途5500円(税込み)で付け替え可能です。

対応モデル 以下のモデルとなります。
5×2mm セミドライ、3×2mm フルスーツ、 シーガル、 スプリング
カラーはご相談ください。

MAR surf crew
SEEKER WETSUIT
〒114-0013
東京都北区東田端1-12-11 1F
03-3894-6425

更新日:

Copyright© サーフショップ MAR SURF CREW , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.