SNOW SURF

MAR×DrawLine Backcountry​ (バックカントリーツアー) SNOW SURF TOUR

更新日:

自分自身こんなにスノーボードにハマルとは思っていなかった。5シーズン目に入り初めてのリフトエントリーにてハイクアップでの滑走

ゲレンデのパウダーを滑る安心感とは全く違う経験をさせて頂きました。

マイナス20度に近い景色や休憩中に食す行動食などあらゆることが新鮮な経験でした。

使用ボードはMARでも取り扱うGENTEMSTICK THE SNOWSURFのDRIFTERを使用。

思えば、2019年にお世話になったMARのサイドカントリーツアーでお世話になった。GPGツアー(ゲレンデパウダーガイド)HIGH FIVE mountain worksの主賓 沼野”ヌマケン”健補 氏に自然の地形の滑り方を教わり、今年はHIGH FIVE mountain worksから独立したDrawLine Backcountry​ Guide主賓 片柳 圭介氏にハイクアップのギアからそろえて頂き初のバックカントリー初心者編にたどりついた

典型的なハマりパターンに身を置いている自分が波乗りに夢中になった数十年前にフラッシュバックするとともに

スノーボードの重心移動を教わるたびに、波乗りの体の使い方との違いを感じ。それをフィードバックし波乗りに生かすことができることに横乗りの共通点を感じることができたシーズンでした。

ビーコンチエックをしてゲートからハイクの準備。

初心者の僕らに丁寧に指導してくれます。

片柳圭介氏のラッセルを先頭に進むチームMAR

自分以外はスノーボード歴は数十年のベテラン。

フリースタイルを突き進んだ彼らも新鮮な経験していました。

運動前後に飲むサプリ ZEN NUTRITION ゼンニュートリションで有名なZENから発売された究極の行動食 “山よりだんご”一袋でおにぎり1個分のモチモチ感覚の塩味が効いた

運動中にのどが渇きづらいくアスリートに人気です。片柳圭介氏も愛用!

標高約2000mの頂上付近から初のドロップ

おまけ話。

ツアー終盤。この最後の記念撮影でゲレンデに戻ることにするが

この撮影をしてくれた彼がこのまま携帯を・・・ここに落とし気づかずに帰還。

翌日、皆で ラッセル ラッセル ラッセル ♪♪♪

記念撮影時の木だけを目印に前日に吹きだまった雪を掘る。いい感じのパウダーだったので沢の中は1mはあった。

奇跡の救出。

20㎝の大事な友達 ”Apple生まれのiPhone君” 寂しかったね

DrawLine Backcountry​ Guide 代理店
MAR surf crew
〒114-0013
東京都北区東田端1-12-11 1F
03-3894-6425

-SNOW SURF

Copyright© MAR SURF CREW , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.